ついにこの時がやってきてしまいました。北村笑店の解散です。近い将来こうなるとはわかっていましたが、いざその時が来るととても悲しいですね。

 

反対意見もある中での決定ですがその話の中で一番心にずっしりきた言葉は、風太の「お前がいつまでも避難しないから、みんな避難できないのだ」という言葉です。

 

言われるまで気づきませんでしたが、その通りだと思いました。てんのみんなを心配する気持ちや、自分は社長とし最後まで責任を取らないと、という気持ちはよくわかりますが、その気持ちが逆に従業員たちを縛っているのだということ、なかなか気づけないですよね。

 

それを指摘されハッとしたてんですが、こういったことに気づいてくれ、指摘してくれる風太の存在は本当にありがたいと思いました。

 

まあでも当の風太もそう言って女性と子供を送り出しては、自分は専務としての責任だといって残るので、ある意味ではてんと同じと言えるかもしれませんが。

 

いずれにしても、二人とも自分のことより北村笑店と従業員のことを一番に考えています、だからこそこんな時でも従業員は二人についてきてくれているのだと思います。

 

ただ、でもやはり一番大切なのは安全なので、この判断は正しかったと思います。最後の宴会の席でみんなも言っていたように、また時期を見て再開すればいいのです。

 

みんがいてこその北村笑店、みんながいなければ屋号があっても意味がありません。いつの日かの再会と再開を誓い、みんながそれぞれの場所へと去って行きました。同じメンツでまた会えることを願っています。信じています。

 

追伸

わろてんかの次の朝ドラ「半分、青い。」の方がそろそろ気になるという声もあるので、下記に「半分、青い。」のあらすじがのったページを紹介しています。

 

半分、青い。のあらすじ・感想まとめはコチラ