リリコ(広瀬アリス)と四郎(松尾諭)の漫才は、一応客には受けたものの、四郎自体は何一つネタを口にしたわけでもなく、キース(大野拓朗)とアサリ(前野朋哉)を乗り越え優勝を目指していたリリコの納得のいく出来でもなかったようです。

 

その上、新聞記事には酷評が乗っていたようです。リリコと四郎を漫才コンビとしてちゃんとした形にする事が、てん(葵わかな)のこれからの仕事のようです。風太(濱田岳)もてんを世の笑いものにしたくないため、厳しい意見をてんに向けます。

 

隼也(成田凌)はてんと風太に頼み、北村笑店に下働きから始め、仕事を覚えていくこととなりました。風太は丁稚奉公と言うあたり、古い考え方がすっかり身に染みていますね。アメリカで今時の考え方を覚えた隼也似合うのでしょうか?

 

さて、漫才大会自体はかなり好評だったようですね。キースたちも取材だなんだと忙しいようです。てんはミス・リリコ アンド シローも気に掛けて貰いたく風太に問いますが、風太はあんなものは漫才ではなかったと一蹴します。

 

 

その席に伊能(高橋一生)も居ましたが、風太の厳しい目もあり、てんが二人を売り込む覚悟が出来ていないなら、風太に任せるべきだと、厳しく返しただけでした。

 

 

自分なりに今までにない漫才が出来るとリリコと四郎を組ませたのにと悩み、てんは藤吉(松坂桃李)に再び会いたくなり、鈴を鳴らします。けれど今日は逢いに来てくれないようです。後ろに藤吉が現れるのではと、あちこち振り向くてんが可愛かったですね。

 

そこへ伊能から電話があり、会社で厳しくしたことを謝られ、自分のしたいことに何をしたらいいか悩むてんに、人前で悩まず、へこたれず、いったん決めた事を諦めない事が社長の極意だと教えてくれるのでした。

 

やはりてんへ支えてくれようと伊能は伊能なりに、何かと手を差し伸べてくれるようですね。てんは隼也を厳しく指導する風太のもとへやってきて、楓(岡本玲)とともにリリコと四郎に高座の出番がほしい、場数が二人には必要だと告げました。

 

決して道楽で作ったものではなくこれは事業だと強く告げます。風太もてんの熱意に押されるようにも昼の部の前座くらいはと許してしまうのでした。なんのかんのとてんのすることに風太は昔同様甘いようです。

 

リリコと四郎にその旨を伝え、自信をもって行こうとみんなを引っ張ります。リリコも再度キースたちを打ち負かし、漫才のてっぺんを取ると誓うのでした。

 

するとそれまでなにかと引き気味で縮こまっていた四郎は、台本を何度も読み、しゃべくりが出来るようにすると言い出します。やっと四郎も覚悟を決めたという事でしょうか。

 

ミス・リリコアンドシローの再出発に、女たちの集まりは燃え上がり、次々二人の新しい売り方を提案していくのでした。四郎のブロマイドは作ってくれないのかな?その辺シビアだな女性陣。さて、女性陣の奮闘は始まったばかりです。