てん(葵わかな)は女興行師として、自信を無くしかけた時、夫・藤吉に貰った小鳥の鈴から、亡くなったはずの藤吉(松坂桃李)が現れます。何事と慌ててしまう点ですが、藤吉は飄々とした態度で、てんを落ち着かせ、今まで北村笑店を支えてくれていた事に感謝を口にします。

 

てんの驚きぶり凄すぎて笑っちゃいましたよね。笑顔で受け入れない感じがわろてんかって感じでしょうか。藤吉の礼も自分の力ではないというてんですが、藤吉はてんがしっかり舵取りしてくれていたから、北村笑店が大きくなったといい、リリコ(広瀬アリス)と四郎(松尾諭)の漫才も上手くいくと教えてくれます。

 

芸人に本気で怒ることも大切だと言うのです。それはてんの夢でした。藤吉が悩むてんのために夢に出て来てくれたのでしょうか?。そこで腹に決めたてんは、四郎に話を聞き、リリコと三人で話し合いを始めます。

 

四郎もリリコの才能ょ認め、何もかも中途半端な音楽家の自分が敵わないと言うのです。てんはテーブルを叩き、お互いを認め合っているのに、素直になれず、自分に自信のない二人を叱ります。

 

自分も自信はないが、二人を一流の漫才師にするため腹をくくると告げるのです。トキ(徳永えり)や楓(岡本玲)も自分に出来る精一杯を二人に見せ、それでもやらないのかとてんは迫ります。

 

リリコも四郎も腹が決まったようです。そうして大漫才大会が始まりました。そこで今まで万歳としていた漢字を漫才と替えたのですね。キース(大野拓朗)とアサリ(前野朋哉)の次になってしまったリリコと四郎ですが、てんはいつもの「お気張りやす」と二人を送り出します。

 

さて二人の漫才ですが、四郎は緊張から何も言えずあうあうと口にするだけです。しかし子供の頃から芸事を重ね、女優もこなしたリリコは、それさえネタの一つとでもいうように、ネタを引っ張り、客に四郎の緊張を気づかせるのではなく、その態度を笑わせるよう引き込んでいきました。

 

それは風太(濱田岳)や万丈目(藤井隆)さえ、感心させるほどの内容です。いやあ、広瀬アリスちゃんお上手でしたね。しかし大会の結果優勝はキースとアサリでした。四郎のダメっぷりにリリコは最悪だと言いますが、伊能(高橋一生)は面白かったと伝え、周りからも高評価でした。

 

リリコはそれに気を良くしてか、次は負けないと四郎にも葉っぱを掛けます。こうして、女興行師としてのてんと、女漫才師としてのリリコの歩みは始まったのでしょうね。なんだかおもしろくなってきたぞわろてんか!